(T_T) 連休明け

ピキ!!ピキピキ!!  いて・て・て (>_<)


階段を降りた瞬間、右足に激痛が走る。

ふくろはぎの辺りの肉が拳大に膨らみ、もぎ取られた感じだ。

『こ・これが肉離れって症状なのか?』

階段でしゃがみ込み、暫くして歩きだすも、あまりの痛みに歩けない。
休みながら、ゆっくり歩きだしては止まり・・・住まいからお店までが長く感じて、ようやくお店に到着しました。

直ぐにネットで検索して、肉離れ初期にはアイシングが必要との事で、急いで保冷剤をタオルに巻いて安静をとった。

『営業時間は迫ってくるし、どうしよう。』と思っていると17時ちょうどに一人目のお客様ご来店。
足を引きずっている様子を察知して、駅前のドラックストアまで湿布を買いに行ってくれました。(感謝)

湿布の上からも保冷剤をぐるぐる巻きにして、無事、本日の営業を終了。
そして、また4階まで階段で登らなきゃいけない試練が私を待っていたのです。

今日で4日目。
応急処置がよかったのか、だいぶ楽になりました。

柔軟性の低下、運動不足からくるのと疲労からもあるらしい。

一日2000歩弱しか歩かないし、狭いカウンターで同じ姿勢で立ちっぱなし、というのも原因の一つでしょう。
ってことで、『完治したらウォーキングをしなさい!』と勧められているので、涼しくもなってきたし歩こうかな??と思った私でした。

全く・・・トホホな肉離れです。

◆肉離れの応急処置のポイントについて
 肉離れの応急処置のポイントはRICE処置にのっとって、適切かつ迅速に処置を行うことです。

 RICE処置のRICEとはその処置方法の頭文字のイニシャルから名づけられており
●R
 = Rest(安静)
●I
 = Ice(アイシング)
●C
 = Compression(圧迫・固定)
●E
 = Elevation(挙上)


参考にしたサイトが ↓ お世話になりました。

http://www.nikubanare-nabi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です