『十五夜』今年は9月19日です

ラジオで台風情報を聞きながら、久しぶりにゆっくりできた週末でした。

台風一過、まだまだ暑いですね。
早く涼しい季節が来ないか待ち遠しい私です。
四季の中で秋が一番好きな季節なのです。

気候は勿論の事、食べ物が美味しいから、そして秋生まれだから・・・カナ?

一年中温かいので季節感を出しにくい沖縄料理ですが、行事食で季節感じ、そして味わいます。
今年、2013年9月19日は、旧暦8月15日で、中秋節です。
我が家では、『ふちゃぎ』(吹上餅・ふちゃぎ・むーちー)と、御飯、御汁を御仏壇にお供えしました。

ふちゃぎ

餅粉をこねて蒸したものに、茹でた小豆をまぶしつけたもので、小豆を潰すと“魔除け”効果が失われると言われているから、そういうビジュアルになるのだそうですが・・・。
実は、この『ふちゃぎ』の小豆が潰されず餅を覆うその形状が、子供の頃は苦手でした。

祖母が元気な頃は祖母が仕切り、母が弟子となり、子供達はお盆に載せたお供えを持ち、屋敷を拝み回っていました。
お供えに関しては 『自然崇拝である為、火の神(台所に設置)をはじめ、全てに精霊が宿ると考え、家や屋敷の中心(ナカジン) → 四隅(ユシン) → 門(ジョー)の順で拝み、家、屋敷の霊力を堅固にする』という考えのもと行われていたのです。

(※ 地域性や各家庭で異なり拝みの対象物も変わってきます。御神木、井戸、石、等々・・・)

最近の沖縄では、そういった古い習慣が消えつつあるようですが、大切にされている家庭が多いのは間違いありません。

全国各地で秋祭りが催されますが、沖縄県内各地でも綱引きや踊りを奉納します。
十五夜は父方の田舎へ遊びに行きました。 確か、8ミリに撮影していたな~。
(那覇では10月に行われる『那覇大綱引き』があります。)

糸満市の行事は平日であっても古式伝統を遵守するので、今年の大綱引きも9/19(木)に開催されるそうです。
 ↓ 【糸満大綱引のご案内】9/19(木) ↓

http://www.city.itoman.lg.jp/kankou-navi/docs-kankou/2013072500031/

八重瀬町・東風平の『棒術』(演武)は有名です。
 ↓ 字東風平 十五夜 青年会 棒術 2012 ↓