下龍湾(ハロン湾)

AM7:30ツアーガイドが宿に迎えに来る。
姪の「ゆきのちゃん」そっくり。
「エキスキュースミー、マダーム」ケミカルウォッシュのジーンズに
ジージャン、花柄のブラウスを着て、前歯がスキッ歯。

憎めない愛嬌のある顔だ。
彼女の英語はなまってて、さっぱり理解できないのに、話の最後に
かならず、「UNDERSTAND?」と強気に発言する。
それがまた、必死さが出ていて可愛い。
新米ツアーガイドかしら??
ハノイ市の砂埃から開放され、ハロン湾は快晴。

湾内をゆっくりと遊覧。
頭の中では、007ジェームズボンドのテーマ曲が流れている。
「Tomorrow Never Dies」キャー いぃーねっ!

P1300411

ボートハウスの生け簀、フィッシャーマンヴィレッジを訪ね、
船上ランチ。
野菜4品に揚げ魚、ご飯、デザートのすいか。
ホーチミンとはちょっと味付けが違っていて、それほどスパイシーでは
ない料理。
同席した韓国人の学生4人組は携帯用のコチュジャンを
取り出しオリジナルの味付けに。
少し貰って、また違う味で美味しく頂きました。
そして、帰りに問題勃発。
私たちのマイクロバスが無い。
2台で来たうちの1台がハノイ市に帰っていたのだ!

何で帰るわけ??
私等どーやって帰るのよーーー。
ガイドさん、ややパニック状態。
別のツアー会社のベテランガイドが溢れた5人を乗せてくれ、無事
ハノイ市まで戻ることができました。

毎日何かが起こり、話すのが面倒くさくなってきた。
頭の中では、まだ007が流れていて、マティーニを飲みたくなり、
JAZZ BAR へ行くと、シェリーグラスに変なマティーニが出てきた。
ウォッカマティーニって言ったのにぃー。
も〜、何なんだ!

寝よ〜っと。